高血圧改善には食事療法
高血圧改善の食事制限

高血圧を改善するには食事なども見直しましょう。

血圧を下げるには海藻類、カリウムを多く含む食品がオススメ

海藻類カリウムは、細胞内の浸透圧維持および細胞の活性維持の役割があります。
食塩を過剰に摂取するとカリウムが失われてしまい、細胞の活性が低下します。
カリウムには血圧を下げる作用があるので、高血圧の人には積極的に摂取が勧められますが腎機能低下による腎疾患ではカリウムの排泄機能が低下しているため、摂取の制限や、熱処理をしてカリウム分を流出させ調理する必要があります。
血圧を下げる食事のポイントは、塩分控えめの食事と、カリウムを多く含む食品を摂取することです。
カリウムを多く含む食品には筍やほうれん草、春菊、里芋、アボカド、納豆、枝豆、海藻類があります。
海藻類にはあおさや青海苔などの緑藻類、若布などの褐藻類、天草などの紅藻類があります。
カリウムの他にも、ヨードも多くビタミンAやビタミンB2も含みアルギン酸などの多糖類も含まれています。
エネルギーもほとんどないのでダイエットにもオススメです。
海藻類を調理する時は、生のものはできるだけ新しいものを選ぶようにします。
乾燥しているものは、塩分やゴミ、砂を除いて十分に戻します。
ヨードは水に溶けにくいので、油で炒めたり油揚げと一緒に煮たりしてヨードの溶出をはかり、調味料の味を含ませるのがポイントです。