高血圧改善には食事療法
高血圧改善の食事制限

高血圧を改善するには食事なども見直しましょう。

インスリンコントロールで高血圧改善

高血圧は、進行すると様々な病気を引き起こすとされています。また、糖尿病との合併症を起こすと更なる深刻な状況に陥り安静入院となるため、糖尿病患者やその疑いがある患者さんは高血圧改善が必要です。
糖尿病と深い関係にあるインスリンも、高血圧を引き起こす要因になっています。血液中には糖分が分解されてできたブドウ糖が吸収されていますが、そのブドウ糖の濃度(血糖値)は、これらのホルモンの働きにより常に正常値に保たれています。しかし、日頃の食生活の乱れなどからこの機能が壊れてしまうと、血液中の糖分が正常範囲を超え、異常に増加していまうことで糖尿病が引き起こされます。この関係を「インスリン抵抗性」と言います。
血糖値が上がる原因には2種類があり、それはこのホルモンの分泌不全と抵抗性です。糖尿病は本来、このホルモンが分泌不全を起こすことが要因とされていますが、しかし抵抗性は、すい臓からこのホルモンが分泌されているにも関わらず、上手く細胞内で使うことが出来なくなって血液中のブドウ糖濃度が上がってしまう症状です。つまり、抵抗性が高くなるとこのホルモンの効果・働きが不十分となり、その結果血糖値が上がってしまうのです。
血糖値が上がると、脳ではインスリンを分泌させ腎臓にも働きかけます。すると、腎臓ではナトリウムを体内に留めようと働くため血液中の塩分濃度が上がります。人間の体はその塩分を体外へ排出させるため、高い圧力で血流を促すことで高血圧になるのです。
高血圧と糖尿病の合併症を引き起こすと、病院で安静入院となり高血圧改善の治療を行うことになります。高血圧改善では、糖尿病の食事療法に沿って適正なカロリーを守ることが大切であり、過食も避けなければなりません。また、医師から指示された降圧剤で高血圧改善を行います。安静入院状態たから回復し通院となれば、そこに適度な運動も取り入れて体型の改善も行いましょう。